症状が重くなるうつ病は医師の適切な治療で根治可能

妊娠で発症するうつ

先生

女性は男性よりもうつ病を発症する確率が高く、とくに妊娠しているときは精神的に不安定となりやすくなっています。そのためうつ病の症状が出てくる人が多いようです。少しでも不安を軽減できるように、病院まで夫と一緒に行って診てもらうのも良い方法となります。

More Detail

日本でも世界でも増加

メンズ

うつ病は日本だけでなく世界的にも患者数が増加している病気です。ガンやエイズよりも何倍もの患者が存在しています。うつ病の認知度が徐々に上がっているため、病院で治療を受ける人が増えています。早めに治療を始めることで治癒しやすくなります。

More Detail

心の病気は珍しくない

カウンセリング

うつ病に対する社会的認知度が高まり、以前は病気と見なされていなかったような人でも精神科や心療内科などの病院を訪れるようになっています。うつ病の治療は早く治すことが最善とは限りません。じっくり気長に治していくというマイペースの姿勢でもいいのです。

More Detail

勉強しよう心の病気

病院

治療の注意点をチェック

うつ病の治療は、抗うつ薬や抗精神病薬を使った薬物療法が中心になります。薬物療法で治療をするときには、いくつか注意することがあります。まず、精神科における薬物療法というものは、患者にあった薬物の組み合わせを時間をかけて探ることから始まるという点です。病院を受診して、すぐに症状が改善するような処方が出来る医師はあまりいません。これは医師の能力の問題ではなく、どの薬物が効果的か使ってみないことには分からないことが多いからです。つまり薬の効き方に個人差があり、それが他科よりも大きいのです。そのため、うつ病の場合なら、不眠の症状がある場合、何か月もかけて睡眠薬の種類や量を調整して、やっとその患者にあった薬の処方に至るのです。精神科で薬物療法をする際には、このことをよく理解して、治療に臨む必要があります。精神科の薬物療法は、他科よりも副作用が問題になることが多いことも注意が必要です。これは精神疾患が発症した場合、それを根治する治療ではなく症状を安定させる治療を行っているからです。うつ病は現在、原因がはっきりと分かっていない疾患ですので、薬物療法は対症療法が中心なのです。対症療法である以上、内服は症状が落ち着くまで長い期間飲み続けることになります。そのため副作用がどうしても他科より出やすくなってしまうのです。この問題を解決するために、実際の治療では副作用を抑えるための薬を処方しています。例えば、便秘が副作用として発現する場合には下剤が処方されますし、頭痛が発現する場合には鎮痛剤が処方されます。

選ばれる理由を知ろう

うつ病が発症した場合、治療の選択肢として、精神科クリニックか精神科病院での治療が必要になります。精神科クリニックで治療する場合、メリットは何と言っても、通院がしやすいことです。精神科クリニックは近年、都会を中心に増加しています。精神科医が増加しているからです。精神科病院は、比較的都会から外れたところに多いためアクセスが非常に不便な地域もあります。他のメリットとしては、精神科クリニックの中にはうつ病に特化したクリニックがあることです。近年、うつ病患者は都会を中心に急増しており、うつ病専門のクリニックが増加しています。そのため、一般の病院より高度な治療が受けられる可能性が高まります。精神科病院で治療する場合のメリットは、病棟が存在することです。精神科の病棟には、似たような疾患を持った患者が、一定期間病棟で治療生活をすることになります。そのため、患者間で交流が生まれやすく、同じ疾患を持っているので悩みが共有しやすいのです。また、通院という治療方法では、うつ病の治療に必要な十分な休養が、病院と比べてとりにくい現状があります。例えば、家族間の人間関係でストレスを感じうつ病を発症した人にとって、自宅はうつ病の治療に必要な十分な休養を実現するには難しい空間です。その点、精神科の病院は、患者が十分に休養できるように、部屋を個室にしたり、面会を制限したりと、患者にとって治療上必要とされている環境を提供することができます。また、症状が急変しても、すぐに対応できることが患者の安心にもつながります。